ドイツ・ミュンヘンの朝食は白ソーセージ

日本から約13時間、フランクフルトでトランジットをして、ミュンヘンに到着しました。
ミュンヘンに到着したのは、朝の7時前。

ホテルに行く前に朝ごはんを食べたい!
ドイツで朝ごはんといえば、ビアホールで白ソーセージとビール!

ということで「シュナイダー・ブロイハウス」を目指しました。

ミュンヘン空港からミュンヘン市内へ

ミュンヘン空港(フランツ ヨーゼフ シュトラウス空港)からミュンヘン市内に行くには、鉄道を利用するのが便利です。
ミュンヘン空港駅(Flughafen München)の地下ホームから、Sバーン(S-Bahn)のS1またはS8に乗ります。
S1もS8もミュンヘン中央駅に行く路線です。

「シュナイダー・ブロイハウス」は、マリエン広場駅(Munich Marienplatz station)のすぐ近くにあり、S8に乗ったほうが若干早く着きます。
揺られること約40分、マリエン広場駅に到着!

朝からビールを飲んでいるドイツ人にびっくり

朝からビールを飲んでいるドイツの方々
ビールを飲んでいるのは観光客だけなんだろうと思っていたのですが、ローカルのみなさんは朝からビールをグイグイ飲んでいらっしゃいます。
このあと仕事に行くのだろうか…。
日本ではありえない光景です。

シュナイダー・ブロイハウスのプレッツェル。食べたぶんを申告します。

プレッツェルは、食べた分を申告してお金を払うシステムのようです。

郷に入っては郷に従え!
ですから、私ももちろん朝ビールをいただきますよ。

シュナイダー・ブロイハウスには日本語のメニューがある!

シュナイダー・ブロイハウスでは日本語のメニューがあります。
シュナイダー・ブロイハウスでは日本語のメニューが用意されています。
(2013年に撮影したメニューなので、料金に変更があるかもしれません。ご注意ください)

シュナイダー 朝ビール

が、どれが美味しいのかわからないので…、とりあえずTAP1のビールを注文することに。

シュナイダー・ブロイハウスでは日本語のメニューがあります。

軽食メニューに白ソーセージ!
でも、ミュンヘン「風」白ソーセージと書いてある。
「風」ってどういうことなんだろう…。

シュナイダー・ブロイハウスのミュンヘン風白ソーセージ

ドイツ・ミュンヘンの朝食は白ソーセージ

きました!
こちらがミュンヘン風白ソーセージ!
どう見ても白ソーセージ!
伝統にのっとり「正午の鐘が鳴るまで」の時間限定注文の白ソーセージはマストです!

白ソーセージをお皿に取り、縦半分にナイフを入れます。
このときに、下の皮は残しておき、ナイフの背でソーセージの実と皮を剥がしていきます。
(日本で白ソーセージの食べ方を調べてきましたから、ちゃんと出来ました)

柔らかくて魚肉ソーセージに近い食感。
甘めのマスタードソースを付けて食べます。

ザワークラフトが付いたポークソーセージ

ザワークラフトも付いたポークソーセージも注文しました。

ビールも美味しいし、ソーセージも美味しい。

ミュンヘンに到着して、最初からいい食事にありつけました。
午前中から行動する人は、午前中にしか食べられない白ソーセージを是非味わってください!

場所

シュナイダー・ブロイハウス(Schneider Bräuhaus München)

住所:Tal 7, 80331 München, ドイツ
営業時間:8時00分~0時30分
最寄り駅:マリエン広場駅(Munich Marienplatz station)

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

おすすめの記事