アモーレパシフィック本社にあるアモーレストア

韓国最大の化粧品メーカー、アモーレパシフィック。
Innisfree(イニスフリー)やETUDE HOUSE(エチュードハウス)、IOPE(アイオペ)など日本でも大人気ブランドの数々を取り扱っています。
実はそのアモーレパシフィックの本社には、韓国コスメについてもっと深く知ることのできる見どころが満載!
今回は、アモーレパシフィックの本社を見学してみました♪

地下鉄直結のアモーレパシフィック本社

アモーレパシフィック外観
ソウル地下鉄1号線龍山駅から徒歩約3分、4号線新龍山駅直結のアモーレパシフィック本社ビル。
2017年10月に完成した新しい建物は、遠くからでも目を引くスタイリッシュな造り!
イギリス人の建築家が設計した地下7階、地上22階の壮大なビルです。

新龍山駅からアモーレパシフィック本社へ続く連絡通路
新龍山駅から連絡通路を進んでいくと、アモーレパシフィック本社の入口へ。
壁や天井はまるで星が散りばめられたように輝いていて、とっても神秘的♡

地下フロア(カフェや飲食店など)

アモーレパシフィックの地下フロア
地下フロアにはオシャレなカフェや飲食店が多数あり、余裕のある雰囲気でランチやディナーを楽しめそう!
会社員だけでなく家族連れの姿も。

1階フロア(展示館、図書館、カフェ、美術館など)

アモーレパシフィック本社の1階フロア
エスカレーターで1階へ。
そこには1~3階まで高さ約18mmの開放的な吹き抜けが広がっていて、まるでホテルのよう!
化粧品メーカーだけあって、洗練された高級感が漂っています♡
中央には円形のインフォメーションデスクがあり、一般人が訪問した際にも親切に対応してくれます。
1階には展示館や図書館の他に、アモーレパシフィックの手がけるカフェ「オソルロッ」も。

アモーレパシフィック美術館
さらに、なんとアモーレパシフィック美術館まで!
常設展の他に、期間限定の企画展なども開かれています。
広々とした空間に様々な絵画やモニュメントの数々が展示され、美術館巡りが好きな方には特にオススメ♪
美術館は有料で、大人13,000ウォン(約1,210円)、子ども7,000ウォン(約650円)です。

2階(保育施設)

アモーレパシフィック本社にある保育施設
まだまだ続く本社見学!エスカレーターで2階へ。
2階にはアモーレパシフィックに勤める社員の子どもたちが、デイケアとして利用できる保育施設が!
こんなきれいでオシャレな場所に、安心して子どもを預けることができるなんて素敵ですね♪

2階(資料館)

アモーレパシフィック資料館
こちらは資料館。
アモーレパシフィックのこれまでの歩みを垣間見ることができます。
1932年に女性のヘアケア用品としてツバキ油を手作業で製造、販売したことから始まったアモーレパシフィック。

アモーレパシフィック本社の資料館
化粧品の研究に使われていた道具や昔の広告などが、時系列で展示されています。

アモーレパシフィック本社の資料室
韓国化粧品売り上げナンバーワンを誇る大企業は、このようにして生まれたのですね!

2階(アモーレストア)

アモーレパシフィック本社にあるアモーレストア
そしてぜひ立ち寄りたいのがここ、アモーレストア!

アモーレパシフィック本社にあるアモーレストア
なんとアモーレパシフィックの全ブランド、全商品がここに勢揃い♡

アモーレパシフィック本社にあるアモーレストア
まるでギャラリーのような入口には、店内の配置図が。
早速中へ入ってみましょう♪

このアモーレストアのおもしろい点は、ブランド別ではなく商品別に陳列されていること。
各棚にはカテゴリー別に商品がずらっと並んでいて、ブランドごとにカラーや質感、テクスチャーなどを比較することができます♡

アモーレパシフィックのクッションファンデーション
例えば、こちらはクッションファンデ。
日本でも話題になったHERAやinnisfree、IOPEなどが揃っています。
カラーや種類はもちろん、かわいいケースもいろいろ♡

アモーレパシフィックのリップ
そしてリップ。
微妙なカラーの違いやつけ心地など、細かいところまで比較できるのがうれしいですね♪

アモーレパシフィックのチーク
こちらはチーク。
ピンクやベージュ、オレンジなど同じようなカラーでも、ここなら自分に似合うカラーがきっと見つかるはず!

アモーレパシフィックのマスカラ
マスカラだけでもこんなに種類が!
ETUDE HOUSE、IOPE、LIRIKOSなど人気アイテムをチェック。

アモーレパシフィックのリキッド
リキッドやベースなどもずらり!

アモーレパシフィックのベース
ぜひ手に取ってカラーやつけ心地を試したいですね♪

アモーレパシフィックのシートマスク
ヘアケア用品やシートマスク、ネイル用品などもこんなにたくさん!

アモーレパシフィックのネイル
もちろんスタッフの方から自分に合う商品をアドバイスしてもらったり、実際に試してみたりすることもできます♡
ゆっくり見て回るだけでも楽しめて、あっという間に時間が過ぎてしまいます♪

アモーレパシフィック本社は韓国コスメ好きは必見!

アモーレパシフィック本社には、韓国コスメが発展してきたこれまでの歴史から最新コスメまで、すべてが集約されています。
韓国コスメ好きの方には特にオススメの空間です♡
化粧品に限らずカフェや美術館などを楽しめるのも、アモーレパシフィック本社ならでは♪
ゆったりとリラックスできるひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

施設情報

住所  서울특별시 용산구 한강로동 한강대로 100(ソウル特別市龍山区漢江大路100)
営業時間 美術館:火~日曜日10:00~18:00 アモーレストア:平日10:30~19:30、週末11:00~18:30
定休日 美術館:月曜日、旧正月、旧盆 アモーレストア:祝日、旧正月、旧盆

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

おすすめの記事