一人旅でも安心。江南「ムウォルシクタク」でオシャレな韓国料理のランチを堪能

平日でもたくさんの若者や会社員が集まる韓国ソウルの江南(カンナム)地区。
オシャレなお店が並んでいますが、特に人気のお店が「ムウォルシクタク(舞月食卓)」♡
本格的な韓国料理のランチが食べられることから、お店は常ににぎわっています。
どんなお店なのか、早速見に行ってみましょう♪

江南で食事をするなら?

江南(カンナム)はお店がたくさんあるので悩んでしまう
江南にはお店が多すぎて、どこへ行けばいいか分からない!という声をよく聞きます。
若者の街ということもあり、オシャレなバーや洋食レストラン、居酒屋の多い江南。
でもせっかく韓国旅行で訪れるなら、本格的な韓国料理を食べたいですよね!
今回ご紹介する「ムウォルシクタク(舞月食卓)」は、ソウル地下鉄2号線江南駅11番出口から徒歩約7分、9号線新論峴(シンノンヒョン)駅5番出口から徒歩約5分の距離にあります。
とてもアクセスが良く、ショッピング中にも気軽に立ち寄れます♪

韓国料理の「ムウォルシクタク(舞月食卓)」

江南「ムウォルシクタク」でオシャレな韓国料理のランチを堪能
江南はメインの通りはもちろん、裏通りにも本当に飲食店が多いです。
ゆるい坂を少し上がって行くと、ありました!
韓国料理の「ムウォルシクタク(舞月食卓)」。
オシャレなレンガ造りの外観と、シンプルな店名の書かれたプレートが目を引きます♡
お店の前にはメニュー表が。
どんな料理があるのかチェックしてみましょう♪

韓国 江南「ムウォルシクタク」のメニュー。オシャレな韓国料理のランチを堪能
なるほど!一人ずつプレートで出てくる韓国料理のようですね。
済州島産黒豚の甘辛炒め野菜包み11,000ウォン(約1,030円)、海老の醤油漬け丼11,000ウォン(約1,030円)、韓方バーベキューポッサム10,500ウォン(約980円)など。
どの写真もとってもおいしそうです♡

平日のランチタイムを外して行きましたが、それでも店内はお客さんでいっぱい!
先ほど店内へ入ろうとしていた女性グループも、満席で諦めたようです。

待つこと約10分。席に案内されました!
店内は外から見るより広くて、奥へと続いています。
今回はナクチの甘辛炒め丼11,000ウォン(約1,030円)を注文することに♡
ナクチとは韓国で一般的によく食べられているテナガダコのことで、コチュジャンや砂糖などのヤンニョム(合わせ調味料)で甘辛く炒めた料理のこと。
辛いものが好きな方にはオススメの絶品グルメです♪

一人旅でも安心。江南「ムウォルシクタク」でオシャレな韓国料理のランチを堪能
しばらくすると、テーブルに運ばれてきました!
こちらがナクチの甘辛炒め丼。
プレートに乗ったかわいいお皿に、一つひとつきれいに盛り付けてあります♡
ナクチの甘辛炒めの他に、目玉焼きの乗ったご飯、お味噌汁、キムチや副菜などの付け出しが5つも!
これは食べ応えがありそうです。
丼ぶり料理ですが、ご飯と別々に盛ってあるのもうれしいポイント。
最初から全部ご飯にかける派、食べながら半分ずつ混ぜる派など、好きなように食べられます♪

私は少しずつナクチとご飯を混ぜて食べてみました。
うーん!
ナクチの食感がプリプリで、鮮度の高さが伝わってきます♡
そして半熟たまごがいい具合に口の中でとろ〜り♪
甘辛いヤンニョムには深みがあって、ナクチや玉ネギなどの具材とよく調和しています。
韓国では一般的な辛さですが、辛いものが苦手な方には他のメニューがオススメです。
小鉢も一つひとつ丁寧な味付けで、口の中がさっぱりします。
最後のヤンニョムまでご飯にしっかり混ぜて、ごちそうさまでした!
やっぱりここに来てよかった♪

カンジャンセウ(海老の醤油漬け)定食も旅行者には人気です。

プレート定食で一人でも行きやすい♪

グループで食事をすることの多い韓国では、日本に比べて一人で食べられるお店が少ない方。
でもムウォルシクタク(舞月食卓)なら、プレートの定食で出てくるので一人旅でも安心♪
オシャレなお店で、本格的な韓国料理を一人でも気兼ねなく食べられるのが魅力です♡
また、徒歩約5分の距離には、本格的な韓国料理とマッコリなどのお酒が飲めるオシャレな系列店「ムウォル」があります♡
お酒好きの方にはこちらもオススメです♪

店舗情報

住所 서울특별시 강남구 강남대로102길 23 1층(ソウル特別市江南区江南大路102ギル23)
営業時間 毎日11:00〜22:30(ブレイクタイム15:30〜17:00)
定休日 旧正月、旧盆

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

おすすめの記事