グアム コーヒースラット のコールドブリューナイトロコーヒー

日本でもちらほら話題になっているコールドブリューナイトロコーヒー。
コールドブリューは、コンビニでも売っているので馴染みがあると思うのですが、ナイトロって何よ?って話ですよ。

グアムは今、ちょっとしたコーヒーブーム。
個性的なお店やドライブスルーなどが出来ています。

今回は、グアムのコーヒーブームの火付け役となっている「コーヒースラット(coffee slut)」をご紹介します。

海沿いのカフェ「コーヒースラット」でコールドブリューナイトロコーヒーを飲んでみた!

グアム コールドブリューナイトロコーヒーはコーヒースラットで
日本のスタバの一部店舗で「ナイトロコールドブリューコーヒー」として販売していますが、私は飲んだことがありませんでした。
コールドブリューは「水出しコーヒー」で、ナイトロは「窒素」。
水出しコーヒーに窒素を入れたコーヒー!
グアム coffee slut のコールドブリューナイトロコーヒー
サーバーからコーヒーが注がれます。
なんだかビールみたい(笑)

グアム コーヒースラット のコールドブリューナイトロコーヒー
サーバーから注いだばかりのコーヒーは、窒素が満タンに入っている感じ。

グアム コーヒースラット のコールドブリューナイトロコーヒー
少したつと、泡が落ち着き、ビールのようです(笑)

味は、ほんのりとした苦味と酸味に、ふわっとした口当たり。
私がいつも目を覚ますために飲んでいるコーヒーのようなガツンとした重みがないので、これはコーヒーなのか?と不思議な感じ。
窒素を入れてシュワシュワしていたのですが、飲んでみると炭酸っぽさはありません。

coffee slutで提供しているコーヒー豆は、coffee slutの共同オーナーでもあるメルカー・マニブサン(Melchor Manibusan)さんがコーヒー豆を育て、焙煎した「SPIKE(スパイク)」を使用しています。

「SPIKE」は、ハマモトガーデンズで栽培、焙煎しています。
お土産に、グアム産のコーヒー豆「SPIKE」はいかがでしょうか?

おしゃれな内装の店内はインスタ映えしそう

guam coffee slut コーヒースラットの店内
インテリアにも凝っているので、カメラが好きな女子にはおすすめですよ。

グアム コーヒースラットの店内
海を見ながらコーヒーを飲むこともできます。

グアム コーヒースラット coffee slut の外
この堤防に座って写真撮ったらインスタ映えしそうですね。

coffee slutへの行き方

コーヒースラット(coffee slut)への行き方
交通の便を考えると、レンタカーを借りた方向けです。
レンタカーの場合、海側に駐車場があります。
赤いシャトルバスの場合、ハガニアショッピングセンターから歩く…結構距離がありそうです。

場所

住所:377 Unit 101 East Marine Corp Drive, Hagåtña, 96910 グアム
営業時間:
月〜土曜日 6時00分〜20時00分
日曜日 8時00分〜18時00分

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

おすすめの記事