韓国コスメのAHCエイジレス リアル アイクリーム

韓国コスメの愛用者の中には、化粧水からローション、クリームまで一連の基礎化粧品を韓国で購入する!という方も多いですよね。
特にこれから乾燥する季節、肌の細かいところまで念入りにスキンケアしたいところ。
そこで今回は、韓国コスメのアイクリームといえばコレ!
韓国で知らない人はいないほど一番人気の「AHCアイクリーム」をご紹介します♪

AHCのアイクリームとは?

韓国で有名な大物芸能人も愛用しているとウワサのAHCのアイクリーム!
韓国女性の間ではナンバーワンの人気を誇っています。
これまで何度もリニューアルしてきた商品で、そのたびに少しずつ機能やカラーが変化しています。

AHCのアイクリームを扱っているオリーブヤング西江大(ソガンデ)店
今回はソウルの有数な大学が集まる学生街、新村(シンチョン)へ。
AHCのアイクリームを扱っているオリーブヤング西江大(ソガンデ)店を覗いてみました♪

AHCアイクリームのラインナップ

ちょうどこの日はオリーブヤングのセール期間!
平日の昼間ですが、たくさんの人でにぎわっています。
店内へと進むと、ありました!
AHCアイクリームのコーナー。
現在、店舗では3種類が販売されているようです。
一つひとつの特徴を見ていきましょう♪

365レッドアイクリーム

韓国コスメACHの365レッドアイクリーム
まずは赤いパッケージの「365レッドアイクリーム」30ml。
レッドトナー15mlとレッドセラム2ml×2がセットになって33,000ウォン(約3,000円)!
高濃縮のアイクリームを肌に乗せると、なんと色がホワイトからピンクへと変化します。
その秘密は、ピンクの光彩を放つYouth Aura Powder成分!
この光彩が、暗くくすんだ目元をより華やかに仕上げてくれるのです♡
さらにAHCで独自開発された植物性のリフティング成分で、より滑らかで丈夫な目元の集中ケアが可能!
エジプトハイビスカスの抗酸化エナジーが弾力のある目元を作り上げるそう。
レッドセラムやレッドクリームなどとセットで使用すると、より高い効果が期待できます♪

AHC ザピュア リアル アイクリーム フォー フェイス

韓国コスメのAHCザピュア リアル アイクリーム フォー フェイス
次に、ホワイト×ゴールドの「AHCザピュア リアル アイクリーム フォー フェイス」30ml34,000ウォン(約3,110円)。
超微細粒子のマイクロエマルジョンで吸収力が優れ、シワの改善と美白効果が期待できます!
高濃縮でありながらベタつかず、オイル感はほとんどありません。
老化防止に効くペプチド成分やお米エキス、ツバキ花エキスなどの自然由来成分を91%も含有。
より肌にやさしく、弾力、保湿、鎮静などの効果もある万能クリームです♪

エイジレス リアル アイクリーム

韓国コスメのAHCエイジレス リアル アイクリーム
そしてパープルの「エイジレス リアル アイクリーム」。
その名の通り、年齢を重ねた肌にアンチエイジングの効果が期待できます♪

韓国コスメのAHCエイジレス リアル アイクリームの成分
ペプチドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの有効成分が肌をたっぷりと保湿。
さらに弾力を加え、滑らかで丈夫な肌を作り上げます。
特に寝る前のナイトケアにオススメ♡
翌朝には滑らかな肌触りを体験できます。

AHCエイジレス リアル アイクリームの使い方

AHCアイクリームの使い方
AHCアイクリームの使い方は簡単!
化粧水や美容液で肌を整えた後、乾燥が気になる部分に適量やさしく塗って吸収させます。
特に肌が薄い目元や口元は、乾燥やシワで悩みがち。
細かく丁寧にやさしく塗り広げていきます。
さらにAHCアイクリームはそれだけではありません!

韓国コスメのAHCエイジレス リアル アイクリーム
アイクリームでありながら、オールフェイス用として顔全体に使うことを推奨しています。
柔らかくてベタつかないテクスチャーなので、顔全体や首の肌ケアにもピッタリ。
目元、口元はもちろん、幅広い部位のたるみやシワ、弾力ケアにもオススメです♡

毎日のアイケアで肌の悩みを解決♡

韓国コスメと言っても、とにかく種類が多くて何が本当に良いのか分からない!
アンチエイジング効果のあるケア用品がほしい!
ハリのある明るい目元で印象を変えたい!
という方には、AHCのアイクリームを一度使ってみることをオススメ♡
韓国の芸能人を始め、たくさんの韓国女性が愛用している理由が納得できるはずです。
特に最近気になる乾燥やたるみのお悩みを、AHCのアイクリームで解決しましょう♪

店舗情報

オリーブヤング西江大店
住所 서울특별시 마포구 백범로 21(ソウル特別市麻浦区白凡路21)
営業時間 毎日10:00~22:30
定休日なし

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

おすすめの記事