チックフィレ (Chick-fil-A) は全米で大人気のチキン専門ファストフード店。人気の秘密や裏技をご紹介!

アメリカを旅行したことがあれば、この可愛らしい看板を目にしたことがあるかもしれません。

日本未上陸のチキン専門のファストフード店、Chick-fil-A。
日本では、「チックフィレ」や「チックフィレイ」と呼ばれています。
ファストフードでありながら、クオリティーの高い美味しい料理で、カスタマーサービスの良さなどが評価され、どの店舗もいつも混みあっていてアメリカ人に支持されているのが伺えます。

ほぼ全米に店舗があり、店舗がないのはアラスカ州、バーモント州、ハワイ州のたったの3州でしたが、2019年には、ついにハワイにも上陸して話題になったようです。

今回は、人気な訳をレポートしたいと思います!

チックフィレ (Chick-fil-A)の店内をご紹介

チックフィレ (Chick-fil-A)の店内

ファストフードスタイルなので、店内へ入るとまずは食べ物を注文します。
お昼や夜のピークタイムはもちろんのこと、どの時間帯に行っても結構お客さんが多いです。
外にあるドライブスルーもいつも車が並んでいます。

他のファストフード店との違いの一つに、ドリンクを注文すると空のカップを渡され、ドリンクバーで自分の好きな飲み物を入れるスタイルなところ。
日本のようにレジの奥にドリンクが置かれているので店員さんが中身を入れて渡してくれます。
でも、おかわりは自由なので、おかわりを希望する時は空になったカップをレジまで持って行けば新しものを注いでくれるシステムです。

チックフィレ (Chick-fil-A)のメニュー

チックフィレ (Chick-fil-A)のメニュー

チックフィレでは、メインのチキンサンドイッチ+フライドポテト+ドリンクのセットメニューのことを「ミール(Meal)」 と呼びます。
ポテトやドリンクが付かないメインのチキン料理だけのことを「アントレ(Entrée)」 と呼び、区別をしています。

看板メニューと言えば、チキンサンドイッチ!
これは外せません‼

「チックフィレ・チキン(Chick-fil-A Chicken)」はセットで7.69ドル(約840円)。
ただしバンズとチキンにピクルスのみで、それ以外の物は何も挟まっていません。

「チックフィレ・デラックス(Chick-fil-A Deluxe)」はセット8.39ドル(約約910円)で野菜とチーズが加わります。

セットのお値段は他のファストフード店に比べると少し高いですが、美味しさとサービスの良さでリピートするお客さんが殆どです!
辛いのが好みであれば、スパイシーチキンも是非試してみてくださいね!

チキンナゲットも是非試してみて欲しいアイテム。
フライドチキン以外に、グリルしたチキンのメニューもあり、チキンサラダやキッズメニューも豊富。
チキンづくしのメニューが沢山です!

チキンを頼むと、7種類の中からソースも選べます!

  • チックフィレのオリジナルソース Chick-fil-A Sauce
  • 一番人気のクリーミーなソース、まずはこちらを!

  • ポリネシアン・ソース Polynesian Sauce
  • 醤油が隠し味の甘酸っぱいソース

  • ハニーマスタード・ソース Honey Mustard Sauce
  • ガーデンハーブ・ランチ・ソース Garden Herb Ranch Sauce
  • ゼスティー・バッファロー・ソース Zesty Buffalo Sause
  • 辛めの味

  • バーベキュー・ソース Barbeque Sauce
  • シラチャー・ソー ス Sriracha Sauce
  • タイで生まれたチリソース、結構辛いです

これらのソースは、フライドポテトにつけて食べても美味ですよ!!

チックフィレ (Chick-fil-A) のキッズメニュー

キッズメニューも豊富です。
メインのチキンは、ナゲット、グリル、ストリップの3種類から選べて、サイドもフライドポテトの他にフルーツやアップルソースを選ぶことも可能です。
ドリンクは牛乳かドリンクバーから選べます。
このセットと子供用のオマケがもらえて、お得なセットです。
全て込みで7ドル(約750円)以下で購入できます。

チックフィレ (Chick-fil-A)で注文後にすること

チックフィレ (Chick-fil-A) 

注文とお会計が終われば、名前を伝えます。
まずはドリンクを渡してもらい、筒状の入れ物の中にレシートと希望のソースをいくつか入れてくれます。
これを持ちレジ周辺にある調味料コーナーへ移動して、必要な物を取りましょう!

チックフィレ (Chick-fil-A)の店内

店内は広々しています。
席に着いてしばらく待っていると、店員さんが注文した食べ物を運んで来てくれます!
ファストフード店なのにサービス満点ですよね。

チックフィレ (Chick-fil-A)の店内にある子供が遊べるプレイエリア

反対側の奥には、子供が自由に遊べるコーナーが設けられていて、子連れに人気がある秘密のひとつがこのプレイエリアです!
ドアがあるので、子供たちが出入りする時はきちんと大人が監視でき、食べるスペースと区切られた形になっているので少し大きな声で叫んでも大丈夫。大人は外側の席に座って遊んでいる子供をチェックすることもでき、親にも子供にもありがたい空間です。子供の身長制限があり、基本的にはドアに貼られている高さより背が高いと入ることはできません、だいたい小学校低学年くらいまでです。

チックフィレ (Chick-fil-A)はアメリカで人気のチキン専門ファストフード

食べ物が運ばれてきたところで、食べ物をチェック!

こちらが定番のチキンナゲットです。
チキンは柔らかくてジューシーで美味しいですよ!
注文時にもらったソースをつけて食べてみてくださいね。
チキンナゲットと言ってもよく日本で口にするチキンナゲットとは大きな違いがあります。
肉をすり潰して形を作ったチキンとは違い、チキン原型のまま揚げられているのです。
食べ物へのクオリティーや健康志向なことが伺える製法です。

チックフィレ (Chick-fil-A)のチキンサンドイッチ
続いてはチキンサンドイッチ!
デラックスの、チーズと野菜がすべて挟んであるものがおすすめです。
こちらはケチャップやマヨネーズなどほかの味付けが一切されてないんです。
チキンに味がついているのでこのままでももちろん美味しいのですが、自分で好きなソースを塗るのも食べ方のひとつなんですよ!
私はいつも、バンズにチックフィレのオリジナルソースを塗ります!

チックフィレ (Chick-fil-A)のポテト

こちらは、チックフィレで食べられるフライドポテト。
その名も「ワッフル・フライ」です。
ポテトがワッフルのように網目になっています。
調味料コーナーに置いてあるケチャップや、注文時にもらうソースに漬けながら食べてみてくださいね!

チックフィレ (Chick-fil-A)のソースたち
ソース類はこんなパッケージで頂けます!
容器は他のファストフード店と変わりませんね・・。
ハインツのケチャップ容器はケチャップボトルの形をしていて可愛らしいです。
蓋を完全にはがして食べ物をディップしたり、上の部分だけ取り絞りだして食べ物の上にかけることも。
二通りの使い方があるんですよ。

チックフィレ (Chick-fil-A)のキッズセット

キッズメニューを注文すると、可愛らしい紙袋に入れてくれます。
その中に食べ物とオマケのおもちゃも入っています。

チックフィレ (Chick-fil-A)おすすめのデザート

こちらはお薦めのデザート!
ソフトクリームと、チョコレートチップクッキーです。
ソフトクリームはとっても濃厚です。
クッキーの方は注文してから暫く時間がかかります。
と言うのも温めてくれるからです。
温かく、しっとりした触感のクッキーは、一度食べたら病みつきなっちゃうくらいです。

チックフィレ (Chick-fil-A)の裏技!

ここで裏技をご紹介。
メニュー等には書かれていないのですが、キッズメニューのおもちゃを未開封、未使用のままレジに持って行くと、ソフトクリームと交換してくれるんです!
この日も、ソフトクリームに交換してもらうべく、未開封のおもちゃを握りしめた子供たちがレジに並んでいました。

まとめ

いかがだったでしょうか。
アメリカで大人気のチキン専門のファストフード店、チックフィレをご紹介しました。
きれいな店内は、掃除が行き渡り、快適に過ごすことができます。
また、食べ終わったトレイをそのままにしていると、「お済みでしたら下げても良いですか?」とレストランのように下げにきてくれて、サービスも申し分ありません。
ファストフード店でありながら、日曜日が定休日となっていますが、これは全店舗同じルールです。
従業員も気兼ねなく週末のお休みを楽しむことができ、働く人にとっても良い職場環境と言えるのではないでしょうか。
機会があれば是非試してみてくださいね!
チキンナゲットとチックフィレ・デラックスはマストです!!

店舗情報

ロサンゼルス、その近郊も主要都市ならどこでも店舗があります。
アナハイム近くの店舗情報をご紹介します。
この近辺にはイン・アンド・アウトハンバーガーや、トレーダージョーズ、ターゲットなどもあります。

住所:2575 N Tustin St, Orange, CA 92865
営業時間:月曜日~土曜日 6:30AM - 10:00PM
定休日:日曜日 クリスマスなどの大きな祝日も要確認

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

おすすめの記事